日本全国の弁護士・法律事務所検索サイト

奈良県で法律相談ができる弁護士一覧【一部無料相談あり】

187名の弁護士が見つかりました。

法律事務所奈良中央

弁護士
上羽 徹
住所
奈良県大宮町5-3-14不動ビル402
最寄駅
近鉄奈良線 新大宮駅から徒歩3分
定休日
土曜 日曜 祝日
営業時間

平日:09:30〜21:00

奈良あさひ法律事務所

弁護士
島田 裕次
住所
奈良県新賀町237ー1フクダ不動産八木ビル4階
最寄駅
近鉄大和八木駅
定休日
土曜 日曜 祝日
営業時間

平日:09:00〜17:00

祖谷謙一法律事務所

弁護士
祖谷 謙一 (ソタニ ケンイチ)
住所
奈良県高天町38-3近鉄高天ビル3階311-2
最寄駅
【近鉄奈良駅】7番出口すぐ 高天(たかま)の交差点の南西の角の白い大きなビルです
定休日
営業時間

平日:09:00〜19:00

土曜:10:00〜18:00

日曜:10:00〜16:00

祝日:10:00〜16:00

奈良県 のご相談に対応可能な、他県の弁護士・法律事務所を見る
市区町村で絞り込む
近くの都道府県を選び直す

奈良県の弁護士が回答した法律相談QA

遺産分割協議で特別受益の持ち戻しをしたい

父が12月に他界。相続人は父と同居していた長男と母、遠方へ嫁いだ私の3人。遺言書は無く、長男が財産調査したところ、父の口座には僅かな預貯金しか残されていないとのこと。 家業を継いだ長男が多額の生前贈与を受けているにとかかわらず、残された僅かな預貯金を法的相続分しか私には相続しないと言われ、納得がいきません。特別受益の持ち戻しを主張し、相続分に加えて遺産分割協議をしたいのですが、生前贈与は家業の報酬だと全く応じてくれません。どのように説得したらよいのでしょうか?よろしくお願いします。

長男が相続財産を独り占めにしようとしている

父が他界して、相続人は母と長男と長女の私の3人。長男は父母と実家で同居で家業を継いでおり、長女の私は遠方に嫁いでいます。父は闘病の末に他界したのですが、長男が闘病の間家業も看病も全て自分が1人でやってきたことを理由に、私に相続放棄を要求してきました。相続税対策で生前贈与もたくさん受けているのに金額を教えてくれず、残された僅かな預貯金の相続放棄の手続きをしてほしいと言われ、長男が相続財産を全て独り占めしようとしています。私は生前贈与を特別受益とみなし、平等に遺産を分配してほしいと思っているのですが可能でしょうか?

亡き母の通帳から、固定資産税などを引き落とした為、相続放棄が出来ない単純相続状態だが、家屋や土地の名義変更や、相続騰記はしていない。名義は亡母のまま。

母享年90歳が死亡して3年。母の遺産は、家と土地(負の遺産)、預金通帳です。子どもは、3人 それぞれ相続放棄をする期間が過ぎているので、相続放棄は出来ないが、家屋や土地の名義変更や相続登記はしていませんので、名義は、母のままです。 問題は、ここからで、母の通帳の口座凍結をしていないので、家の固定資産税や、家の管理に伴う電気、水道代などを、母の通帳から引き落としされている。この場合、相続放棄は出来ないとの事ですよね。 子ども3人とも、74歳 72歳、68歳なので それぞれの子ども 、つまり母の孫に代襲相続の可能性もあります。その場合、孫は祖母の遺産を相続放棄できますか?。 孫にとって各自の親が、単純相続状態の場合、代襲相続をした孫も、単純相続状態になって、相続放棄ができなくなるのでしょうか。 孫達が、祖母の遺産を相続放棄する方法は、あるのでしょうか?教えてください。

モラ夫が金銭管理、やり過ごせるけどガマンも限界。穏やかに円満に離婚できる?

結婚13年目、子2人です。 夫婦喧嘩になると豹変し罵倒する夫が怖く離婚したいです。色々あり心を開けず、主人がいると安心できません。近づくのも触れるのもイヤになりました。現在は子どものために私がやり過ごすようにしているため、表面上は普通に生活していますが(怒らせなければ穏やかです。)しかし対等な関係でないため二人でいる未来が描けません。 ローン支払い中の持ち家に住んでいます。 主人は自営で給与は半分程家庭へ入れ、残りがどうなっているか私は分かりません。隠し財産があるように思います。夫は自分のものは好き勝手購入しています。 私はその仕事を手伝っており、給与は発生していますが、金銭も仕事も管理されていて自分の貯蓄がなく、実家も遠方で頼れません。 離婚を早く進めたく協議を検討していましたが、相手は言いくるめの天才なので不利になりそうで悩んでいます。 なるべく経済面で割りを食った形にならないように、子どもと再スタートできるような離婚をしたいです。モラハラ体質な夫でこんな状況でも手段はあるのでしょうか。

親権、養育費の件で気になるため

色々あり、離婚することになりました 私は保護に入るつもりです その為に親権と養育費の事はしっかりしときたくて相談したいとおもいました。

奈良県で弁護士に無料法律相談ができる窓口はある?

奈良県で弁護士に無料相談をする方法には、法律事務所へ直接相談する以外に、法テラスや弁護士会、市役所などの無料法律相談を利用する方法もあります。

ここからは、各無料相談窓口について紹介するので、直接弁護士へ相談するのはハードルが高いという方は、利用を検討してみましょう。

奈良県の法テラスの無料法律相談

奈良県の法テラスでは、一定の条件を満たすことで、一つの案件につき3回まで無料相談が可能です。

弁護士に相談したくても、費用が心配という方は、利用を検討してみましょう。

法テラス奈良

住所

〒630-8241 奈良市高天町38-3 近鉄高天ビル6F

電話番号

0570-078338

受付時間

09:00am-05:00pm

公式ホームページ

https://www.houterasu.or.jp/chihoujimusho/nara/index.html

奈良県の市役所の無料法律相談

奈良県内の市役所では、定期的に弁護士などの専門家との無料相談会を開催しています。

開催日時や、相談できる専門家は地域によって異なる場合があるので、お近くの市役所ホームページから確認してみましょう。

奈良県の無料法律相談ができる市役所一覧

奈良県の無料法律相談ができる市役所一覧 住所 電話番号

奈良市

奈良市二条大路南一丁目1-1

0742-36-4894

大和高田市

大和高田市大字大中98番地4

0745-22-1101

大和郡山市

大和郡山市北郡山町248-4

0743-53-1151

天理市

天理市川原城町605

0743-63-1001

橿原市

橿原市八木町1-1-18

0744-22-4001

桜井市

桜井市大字粟殿432-1

0744-42-9111

五條市

五條市岡口1丁目3番1号

0747-22-4001

御所市

御所市1-3

0745-62-3001

生駒市

生駒市東新町8-38

0743-74-1111

香芝市

香芝市本町1397

0745-76-2001

葛城市

葛城市柿本166

0745-69-3001

宇陀市

宇陀市榛原下井足17-3

0745-82-8000

奈良県の弁護士会の法律相談センター

奈良県に設置されている弁護士会では、弁護士への法律相談を無料でおこなっている場合があります。

相談できる内容や利用方法については、各弁護士会のホームページから確認しましょう。

ただし、相談内容や弁護士会によっては有料の法律相談となる場合もあるので、注意しましょう。

弁護士紹介センター

無料相談ができる分野

サラ金・クレジットの相談

住所

担当弁護士事務所

電話番号

0742-22-2035

受付時間

月~金(祝日・年末年始は休み) 午前9時30分~午後5時

公式ホームページ https://www.naben.or.jp/home/consult/law/%e5%bc%81%e8%ad%b7%e5%a3%ab%e7%b4%b9%e4%bb%8b%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc/

中南和法律相談センター

無料相談ができる分野

全分野

住所

https://www.naben.or.jp/wp/wp-content/uploads/2023/04/chunanwa_center_2023.pdf

電話番号

0742-22-2035

受付時間

月~金(祝日・年末年始は休み) 午前9時30分~午後5時

公式ホームページ

https://www.naben.or.jp/home/consult/law/%e4%b8%ad%e5%8d%97%e5%92%8c%e6%b3%95%e5%be%8b%e7%9b%b8%e8%ab%87%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc/

奈良県の弁護士事情まとめ

奈良県における2023年の弁護士の正会員数は、195人です。そのうち女性会員数は32人、男性会員数は163人となっています。

奈良県の弁護士数

奈良県の弁護士数 男性の弁護士数 女性の弁護士数
195人 163人 32人

 

【参考】弁護士会別会員数|日本弁護士連合会

また、日本弁護士連合会によると、奈良県における2020年時点での弁護士1人あたりの人口は、7,600人となっています。

地域から弁護士を探す
法律相談を投稿する
離婚・不倫問題 交通事故 相続・遺産トラブル 労働問題 刑事事件 債権回収 借金減額・債務整理 ネット誹謗中傷 企業法務 その他
弁護士の方はこちら