近くの弁護士・法律事務所を探せる検索サイト

東京都立川市
法律相談受付中の近くの弁護士

全国の弁護士・法律
事務所を検索できる
各分野の実績が豊富な
弁護士を多数掲載
電話・メール・LINEで
かんたんお問合わせ
東京都立川市の法律相談ができる近くの弁護士が9名見つかりました。相談分野を絞り込むことで、弁護士のプロフィールや強み、弁護士費用、解決事例、インタビューなどを確認できます。 離婚や不倫、相続、労働問題、交通事故、刑事事件、債務整理、債権回収、ネットトラブル、企業法務までそれぞれの分野に強い近くの弁護士を探せます。電話・メール相談受付。休日相談、オンライン面談可能、初回相談無料の弁護士多数掲載。
条件を絞り込む
近くの弁護士を地図から探す
マップ上の情報を見たいアイコンをクリックしてください。弁護士事務所の基本情報が吹き出しで表示されます。 吹き出し内右下の相談希望「分野」をクリックすると、弁護士の詳細情報をご覧いただけます。
現在地から探す
9名の弁護士が見つかりました。
更新日:

大沼法律事務所

弁護士
大沼 卓朗
住所
東京都柴崎町2-3-18粂川第二ビル1階
定休日
土曜 日曜 祝日
営業時間

平日:09:30〜17:30

弁護士
荒川 香遥
住所
東京都錦町1-4-20TSCビル6階
定休日
不定休
営業時間

平日:09:00〜21:00

土曜:09:00〜21:00

日曜:09:00〜21:00

祝日:09:00〜21:00

弁護士法人大西総合法律事務所立川事務所

弁護士
加藤 慎之
住所
東京都曙町2-37-7コアシティ立川4階
定休日
土曜 日曜 祝日
営業時間

平日:09:30〜22:00

東京都立川市の近くで法律相談が可能な弁護士

オンライン法律事務所タマ

弁護士
増田 周治
住所
東京都上北台3丁目429-24サンライズビル305
定休日
土曜 日曜 祝日
営業時間

平日:10:00〜17:00

弁護士
桑原博史
住所
東京都川辺堀之内8-2-102
定休日
土曜 日曜 祝日
営業時間

平日:09:30〜17:30

弁護士法人ガーディアン法律事務所

弁護士
木谷倫之、後藤裕太、園田由佳、天井政彦、江渡倫子、中尾峻也、吉田晴香、今村 雄人
住所
東京都国分寺市南町3-22-12 マーベラス 国分寺Ⅱ3階
最寄駅
国分寺駅から徒歩5分 ※八王子オフィス:八王子駅から徒歩5分、立川オフィス:立川駅から徒歩約5分
定休日
無休
営業時間

平日:10:00〜20:00

土曜:10:00〜20:00

日曜:10:00〜20:00

祝日:10:00〜20:00

弁護士
豊村 聖子
住所
東京都本町2-16-4[ラフィネ込山No.2] 6階
最寄駅
JR中央線(快速・特別快速)・西武多摩湖線・西武国分寺線「国分寺」駅北口 徒歩3分※所沢オフィスは西武線所沢駅西口 徒歩1分  ※面談のご予約につきましては、画像をクリックしていただき注意事項をご確認ください
定休日
日曜 祝日
営業時間

平日:09:00〜18:30

土曜:09:00〜17:00

弁護士
山崎 研
住所
東京都府中町2-9-1 プレスティージ府中601
定休日
土曜 日曜 祝日
営業時間

平日:09:30〜17:30

弁護士法人ガーディアン法律事務所八王子オフィス

弁護士
木谷倫之、後藤裕太、園田由佳、天井政彦、江渡倫子、中尾峻也、吉田晴香、今村 雄人
住所
東京都横山町25-6ザイマックス八王子ビル3階
最寄駅
JR八王子駅北口、京王八王子駅西口よりそれぞれ徒歩5分 ※国分寺オフィス:国分寺駅から徒歩5分、立川オフィス:立川駅から徒歩5分
定休日
無休
営業時間

平日:10:00〜20:00

土曜:10:00〜20:00

日曜:10:00〜20:00

祝日:10:00〜20:00

弁護士
小野 雄一郎
住所
東京都東町8-12柴田ビル4階南
定休日
土曜 日曜 祝日
営業時間

平日:09:00〜18:00

弁護士
田村 良平
住所
東京都八王子市寺町43−9中銀八王子マンシオン201
最寄駅
JR八王子駅(徒歩8分)・京王八王子駅(徒歩12分)
定休日
無休
営業時間

平日:10:00〜18:00

土曜:10:00〜18:00

日曜:10:00〜18:00

祝日:10:00〜18:00

東京都立川市の弁護士が回答した法律相談QA

窃盗事件を起こして起訴されてしまい実刑判決を受けたくない

2023年2月3日に逮捕状により逮捕され2月22日に起訴された25歳の男です。 現在保釈されています。起訴状の罪名は窃盗です。 窃盗の前科があり、2018年4月に窃盗罪で懲役1年執行猶予2年の有罪判決を受けています 逮捕状の内容は2022年11月19日に軽貨物車の車両から35,000円等が入ったバックを窃取した事です。 当初事件を否認していました。 理由は事件のあった日から約3ヶ月後の逮捕のことであり、被害場所の住所に見に覚えがなかったからです。 しかし勾留15日目くらいから刑事に証拠画像として自分がバックを持って窃取したと思われる画像を見せられた時に事件の事を思い出し、この事件は自分が行った事を思いだしました。 事件の真実は軽貨物車の無施錠の車両からバックを取って財布に入っていたお金のみ(逮捕状には35,000円となっているが盗んだ金額については覚えていない)を盗み、向かいのマンションの駐車場にバックを放置したことです。指紋も現場から検出されているとの事です。 証拠資料によるとは思いますが、このまま否認を行い裁判で戦うのがいいのか真実を話して情状酌量を狙うのが良いのか相談したいです。

死亡保険金受取の可否について。

去年11月に父が他界。母とは離婚したので法定相続人は私(長男)と妹の2人のみです。 父は保険会社に勤めていたので父の会社の生命保険に加入していましたが受取人が私でも妹でもない第三者(恐らく父の交際相手)になっていたのです。 しかし遺言書(検認済み)には死亡退職金とそれ以外全ての財産を私が相続すると書かれていました。 生命保険という文言はありませんでした。 ごく一部でもよいので死亡保険金を受け取れる可能性は少しでもあるでしょうか? 受け取れるためにすべき事をご教示いただきますようお願いいたします。 また、父の会社は受取人の名前を教えてくれないので弁護士を雇うべきでしょうか? ちなみに死亡保険金は約6000万程度、 死亡退職金含めた保険金以外の財産は2000〜3000万程度です。

職場改善や考課のやりなおし

勤務年数33年 上場会社に勤務している会社員です。 パワハラを受け、認められましたが、形式だけです。パワハラした者と同じ職場、当人も反省なし。考課や賞与も下げられ、精神的、金銭的に苦痛です。

退職の取り消しについて

こんばんは。勤務していた会社を適応障害のために休職をしておりました。4月30日までの休職期間でしたが、医師の診察が4月30日の夕刻だったこともあり、復職については4月30日夕刻に診断書を出していただき、復職可能との判断をいただきました。郵送にて昨日郵送をしましたところ、入れ違いで本日「退職」の書類が届きました。就業規則においては1年間の休職は可能とありました。事前に4月30日に医師の診察があるとの旨も話していました。おそらく郵送物は連休明けに届くものと思われます。この場合、やはり退職の扱いになるものなのでしょうか。 会社自体に色々と問題があり、雇用契約書もいただいていない、労働条件通知書もいただいていない、残業代も未払いの状態です。 アドバイスをいただきたくご連絡を差し上げました。どうぞよろしくお願いいたします。

会社が労働基準法に反しているのか、今までされてきた精神的苦痛をどうしたら良いのか

よろしくお願いします。 2022年3月からバイトとして働いていましたが正社員にならないかと言われ昨年9月から正式に雇用契約いたしました。後にわかったのですが正社員ではなく、契約社員と通知書に記載されておりました。 労働時間は11:00~20:00までとなっており、実際は22:00まで。(22:00で終わったことはありませんが)明細書には残業代は1時間分になっております。 その他、運送会社のため会社の車で配達していますが業務中に事故を起こした事もありその車は廃車となりました。 上司からの日常的なモラハラ、セクハラも重なり、退職した人のプライバシーを会社のグループLINEで晒す。(見かけたら写メを撮って住所や車まで晒されます)段々と辞めにくい精神状態にさせられ突然辞める人が増えています。段々抑うつ状態になり、家庭の事情で退職を希望したところ、車の修理代を払ったら辞めてもいいと言われそこでもう精神状態が保てなくなり吐き気目眩眠れない、恐怖心で外へも行けない状態です。 たくさん有り得ない事があるため整理するのが難しいのですが働けなくなった証拠として診断書を提出しました。

安全配慮義務違反、労災隠し、不当&重責解雇、事務手続きしないハラスメント会社と上司に慰謝料請求

昨年2月1日タクシー夜勤中、体調不良の客を乗せて(不衛生な車内に8時間)後、体調崩し安全配慮義務違反が続き左半身激痛で起き上がれなくなりました 当初労災ですね!後に、前から腰痛持ちだったとか労災は認めない!虚偽のパワハラ、人事の人格否定、給与明細や傷病手当の未発行、一年後の取得になりました。不当解雇、更に重責解雇書面が届きました。労災隠し、嫌がらせや虚偽の報告 入社日からみんなの前でのセクハラ、モラハラ、パワハラ、申告窓口がやってる張本人の部長でした。労災隠しが始まってから録音してます。度重なる虚偽や書類の未提出、人権否定で収入が止まり、鬱になりました。困っています。前に進めません。 安全配慮義務違反、モラハラ、パワハラ、セクハラ給与明細延滞、傷病手当の手続き延滞、不当解雇、重責解雇、社長や副社長に虚偽の報告をした上司 給与明細と乗務記録の記録が欲しいとお願いしましたが一年しか保管していないと言われくれません。 乗務記録と給与明細の照らし合わせが出来ません。

どの地域の弁護士に相談するのがベストか

X、Y、Zは3人兄弟。両親はともに他界。先日、A県(西日本)在住のXが急死。相談者の私YはB県(東日本)に居住。ZはA県にいるものの、XともYとも長年疎遠にしていて、一切の接触はなく、今回のXの急死についてもZは知らない。Xは独身で、法定相続人はYとZの2人に。Xには不動産もなく、財産は預貯金だけと思われるが、金融機関ごとの預金高は不明。そこで弁護士に財産調査と、Yに代わってZへの遺産分割協議をお願いしようと思う(Zに法定相続分の財産が渡ることをYは容認し、Zもさすがにそれ以上は要求しないと思うので、調停には至らないと思う)。XもYもZも本籍地はA県。悩みは、A県の弁護士が良いのか、相談者が対面相談しやすいB県の弁護士が良いのか…。B県では弁護士のA県への長距離出張が増え、弁護士費用がかさむのではと懸念。こういう事例では一般的に何回くらいの出張や宿泊が見込まれるのか、また、総合的にどちらの県の弁護士に頼むのが賢明なのかを、何卒よろしくお教えください。
地域から弁護士を探す
法律相談を投稿する
離婚・不倫問題 交通事故 相続・遺産トラブル 労働問題 刑事事件 債権回収 借金減額・債務整理 ネット誹謗中傷 企業法務 その他
弁護士の方はこちら