近くの弁護士・法律事務所を探せる検索サイト

有料職業紹介の許認可について

就職・転職サポートをしている企業の業務委託としてフリーランスで活動する際に、
有料職業紹介の許認可が必要であるか否かを確認したくご質問させていただきました。

具体的には、
①就職・転職サポートをしている企業が、
求人者から掲載する情報をいただき、
私は業務委託として、
ネット上サイトに情報を掲載します。

②求職者が求人情報を閲覧し、応募・問い合わせがあった際は、
就職・転職サポートをしている企業の担当へ連絡いただく旨と就職・転職サポートをしている企業の連絡先のみをお送りする。

※その後、一切の求職者とのやり取りはありません。(求職者と求人者間となります。)

③ 求職者から応募があり採用時点で、就職・転職サポートをしている企業から成果報酬の一部を受け取る。
理想の解決
有料職業紹介の許認可は必要ない。
質問
相談の背景の流れであれば、有料職業紹介の許認可は必要ないでしょうか?
相談者(ID:33536)さん
弁護士に質問をしたい方はコチラ
【無料】質問を投稿する

企業法務に関するその他の質問を見る

フリーワードで探す

この質問に関連する法律相談

投稿順
回答順
役立った順
関連順

不正契約による支払い金を返金させたい

銀行から支払い明細をみたら、携帯電話会社の心当たりない電話の引き落としが判明した。当方高齢者につき夫婦4回線使う必要がない(夫婦2回線で足りる)契約した覚えないとカスタマーセンターに電話を何度もしているが先に進まない。しかも、この種契約は自分(夫)名義でしているが、何故か妻名義で契約した事になっており、あり得ない契約である

弱みにつけこみ脅迫されている

取引先の一人に個別で好意的に相談にのってもらっていたのですが、3ヶ月ほど経ったころから、コンサル料アドバイス料を要求されるようになりました 断ると急にこれまでお繋ぎした関係者各位との付き合いも解除になるなど、脅迫にかわってきて、これを断ち切りたいのですが、会社に告発したほうがよいのか、悩んでいます

有料職業紹介の許認可について

就職・転職サポートをしている企業の業務委託としてフリーランスで活動する際に、 有料職業紹介の許認可が必要であるか否かを確認したくご質問させていただきました。 具体的には、 ①就職・転職サポートをしている企業が、 求人者から掲載する情報をいただき、 私は業務委託として、 ネット上サイトに情報を掲載します。 ②求職者が求人情報を閲覧し、応募・問い合わせがあった際は、 就職・転職サポートをしている企業の担当へ連絡いただく旨と就職・転職サポートをしている企業の連絡先のみをお送りする。 ※その後、一切の求職者とのやり取りはありません。(求職者と求人者間となります。) ③ 求職者から応募があり採用時点で、就職・転職サポートをしている企業から成果報酬の一部を受け取る。

2ヶ月分のノーレッスンの月謝について。

レッスンに入りたくても希望の先生は週数回しか出勤日がなかったり、すぐ埋まってしまったりで予約が取れない。しかも、ど平日の昼間が空いている予約ほとんどって。。学生や仕事をしている人はいったいどうしたらいいのか。誰に向けてのレッスンなのか謎すぎる。そして、体調不良は来ないでくれというスタンスなのにも関わらず、前日の17時以降のキャンセルは不可=お金はいただきます。ってどういうことでしょうか? 体調不良ってそんな、前日17時前に発生するものでしょうか?うちは子供なので突発的なものもよくあるし、コロナ、インフルなどの伝染的なものもたくさんリスクがある中で融通が効かなすぎる。そのため、今月は月謝11000円だけ取られてノーレッスン。最悪です。早く退会してもっといい教室に行きたいです。2月から退会したくても今からでしたら2月分は払ってからと言われてしまい、挙げ句の果てに2月に空いてるレッスン枠もうないじゃないですか。。どこかに相談してなんとかしていただきたいです。 これが、口コミに書かせていただいた内容です。

他社派遣会社での引き抜き行為

現在派遣会社を経営しているのですが、 取引きしている派遣先企業があり そちらでは他社派遣会社とも取引きをしており、 その他社派遣会社が自社の派遣スタッフを引き抜こうとしているようです。(自社派遣スタッフから報告がありこの事を知りました) まだ派遣スタッフとも契約中なので、 このまま自社派遣スタッフが他社派遣会社に引き抜かれてしまうと困ります。

中古車買取のフランチャイズ加盟に関するトラブル。

中古車買取専門のフランチャイズがあり、興味を持ちました。 2023年11月24日に面談をしてもらいました。 その時は、保証人が必要な事を教えてくれませんでした。 年が明けた2024年1月14日になって、担当者から電話があり、 その時、初めて「保証人が必要」と聞きました。(契約の予定は1月19日) そして1月18日にも、こちら側の問い合わせの回答として、また別の、加盟者側のデメリットを知らされました。 そこで加盟する事を辞めました。 そのFCは、加盟を迷ってる人が逃げていくような事(要保証人など)は、全部契約時に伝えようとしてました。 やる気にさせて契約日まで持って行けば、口八丁手八丁で、加盟させられると考えているのでしょう。 こちらは、開業の為に引っ越しで数十万円かかり。 法人の住所・定款変更などなど約13万円かかってます。 2023年11月24日に、「要保証人」を、教えてくれていたら、かからなかった費用です。 掛かった費用のいくらかでも、払ってもらう事は可能でしょうか?

私物のデータは個人のものか会社のものか

美容業をしており、個人的にお客様満足度を上げるためにお渡ししていた資料があり、退職する際個人の私物として持ち帰ったのですが データ等は会社の著作物になるのでしょうか

保険業法での処分について

自動車の総合販売と修理事業を本業とする A 株式会社(以下「A 社」という)は、Y 損害 保険株式会社(以下「Y 社」という)の損害保険代理店である。 A 社に勤務する B は、新たに任意自動車保険契約にご加入頂いた X に対して、X 限定で、Y 社の店舗で自動車の定期検査をする場合に利用できるポイントカード、1 万円分のポイントを、今回の契約成立のお礼として進呈した。この場合、B が行った行為は保険業法上問題があるか、あるとした場合、その後、A 社に対してどのような処分が下される可能性があるか

損保会社が責任を問われるかについて

Y 損害保険株式会社の代理店である Z 会社の代表取締役 A は、古くから保険取引関係にあった P 株式会社の社長 X に対して、積立傷害保険があるという勧誘を行った。その際の募集関係の資料にはY 社他の保険会社の商号等の表示はなく、引受保険会社も傷害保険の補償内容等も示されず、A の私製資料である。しかし、X は長年取引関係にあることから A の言動を信用して保険料 1 千万円の支払を A が指定した Z 社名義の口座に行った。通常、Y 社所定の保険料支払用の領収書を用いるはずが、今回は A の私製の領収書が用いられた。なお、Y 社では既に保険料の支払いに関しては代理店経由ではなく Y 社所定の口座に振込等を行う。P 社も保険契約の更新の際には、同様な方法で支払っていたが、X 自身はそのことを知らなかった。 その後そのような商品がなく、Z 社は不適切な募集行為等があり 3 週間前に代理店契約を解除していることがわかり、既に Z 社は破産、A 自身にも 1 千万円の支払に応じられる資力はない。そこで、 X は、Y 社に対して、 1 千万円等の損害賠償請求を行った。

レンタルオフィスの自動契約更新について

レンタルオフィスの契約更新についてです。 2022年12月~2023年11月の1年契約を行っており、先日解約を行おうと思ったところ、契約が自動で更新されてしまっておりました。 3か月前の9月1日に解約通知がなかったためとのことです。 またその契約は前回同様1年契約ではなく2年契約で更新がなされており、その更新を取り下げることはできないとのことです。 メールボックスを調べてみたところ、確かに契約についての更新案内が来ており、そのメール内に「このボタンを押すと2年で更新がされます」というボタンがあり、サポートセンターに問い合わせをしてみるとこのボタンがクリックされていたため2年で更新をしたと説明がありました。(メール内には「半年で契約更新をする」「契約更新をしない」というボタンもありました。) そもそもメール内のボタンをクリックしただけで契約がされてしまうという仕組み自体は法的に有効なのでしょうか?

有料職業紹介の許認可について

就職・転職サポートをしている企業の業務委託としてフリーランスで活動する際に、 有料職業紹介の許認可が必要であるか否かを確認したくご質問させていただきました。 具体的には、 ①就職・転職サポートをしている企業が、 求人者から掲載する情報をいただき、 私は業務委託として、 ネット上サイトに情報を掲載します。 ②求職者が求人情報を閲覧し、応募・問い合わせがあった際は、 就職・転職サポートをしている企業の担当へ連絡いただく旨と就職・転職サポートをしている企業の連絡先のみをお送りする。 ※その後、一切の求職者とのやり取りはありません。(求職者と求人者間となります。) ③ 求職者から応募があり採用時点で、就職・転職サポートをしている企業から成果報酬の一部を受け取る。

他社派遣会社での引き抜き行為

現在派遣会社を経営しているのですが、 取引きしている派遣先企業があり そちらでは他社派遣会社とも取引きをしており、 その他社派遣会社が自社の派遣スタッフを引き抜こうとしているようです。(自社派遣スタッフから報告がありこの事を知りました) まだ派遣スタッフとも契約中なので、 このまま自社派遣スタッフが他社派遣会社に引き抜かれてしまうと困ります。

保険業法での処分について

自動車の総合販売と修理事業を本業とする A 株式会社(以下「A 社」という)は、Y 損害 保険株式会社(以下「Y 社」という)の損害保険代理店である。 A 社に勤務する B は、新たに任意自動車保険契約にご加入頂いた X に対して、X 限定で、Y 社の店舗で自動車の定期検査をする場合に利用できるポイントカード、1 万円分のポイントを、今回の契約成立のお礼として進呈した。この場合、B が行った行為は保険業法上問題があるか、あるとした場合、その後、A 社に対してどのような処分が下される可能性があるか

損保会社が責任を問われるかについて

Y 損害保険株式会社の代理店である Z 会社の代表取締役 A は、古くから保険取引関係にあった P 株式会社の社長 X に対して、積立傷害保険があるという勧誘を行った。その際の募集関係の資料にはY 社他の保険会社の商号等の表示はなく、引受保険会社も傷害保険の補償内容等も示されず、A の私製資料である。しかし、X は長年取引関係にあることから A の言動を信用して保険料 1 千万円の支払を A が指定した Z 社名義の口座に行った。通常、Y 社所定の保険料支払用の領収書を用いるはずが、今回は A の私製の領収書が用いられた。なお、Y 社では既に保険料の支払いに関しては代理店経由ではなく Y 社所定の口座に振込等を行う。P 社も保険契約の更新の際には、同様な方法で支払っていたが、X 自身はそのことを知らなかった。 その後そのような商品がなく、Z 社は不適切な募集行為等があり 3 週間前に代理店契約を解除していることがわかり、既に Z 社は破産、A 自身にも 1 千万円の支払に応じられる資力はない。そこで、 X は、Y 社に対して、 1 千万円等の損害賠償請求を行った。

契約書の「予告なく変更」を消去または限定的に出来るかを知りたいです。

個人間で契約書の締結を検討しているのですが、 「甲の事情により予告なく変更する場合がある」 との文章が入っています。 この文章により、契約書の内容を先方が一方的に変更できることによる不利益を懸念しております。 この文章を消去または限定的な表現にしたいのですが、どのように考えられるでしようか。

金銭的なことは無しで終わりたい

副業を探し話を聞くと無料ではなく費用が掛かると。ブロックしたらカスタマーハラスメントで処理と。

実際に労働していない会社に在籍している事になっている件

離別した父親が株式会社を経営をしています。 娘である私の名前を用いて、従業員として在籍させています。 クレジットカードを申し込み、試しに、父親の会社を勤務先として記入した際に、審査が通った事で判明しました。

持ち家でのルームシェアで金銭を受け取った場合、当人達の認識に関わらず法的には家賃扱いになるか知りたい

現在私が居住中である持ち家の1室を掲示板等で募集したまったくの他人に貸すような形で円満にルームシェアをしております。 一部屋貸す代わりに光熱費の他に生活費を入れてもらう、という体で借主から金銭を受け取っていますが、貸主(私)と借主の双方がどう考えていようと受け取った金銭は家賃にあたるのでしょうか? もしそれが家賃にあたるのだとしたらルームシェアというより私たちの間には普通借家契約が発生していることになるのではないかと考えました。その場合事前に交わしているシェアのルールと契約書の効力の一部(主に退居関連)に疑問が出来てしまう為、今回相談するに至りました。 弁護士さんの回答次第では追加で質問が発生するかと思います。

スマートフォンの輸出

越境ECで販売をしています。 米国メーカーのスマートフォンを平行輸入品を再度、米国に販売する場合の法律や規制はどのような規制がありますでしょうか?

スポットの手形貸付の期限更新(手形書換)にかかる保証約定書(特定保証約定書)の必要性についての確認

今般、金融庁の監督指針の改正があり、それに伴い、経営者保証に関するガイドラインの運用についての当局の対応が厳格化されました。 そのため、現在の債権書類の見直しをするにあたり、私の認識が合っているのか?少し不安になって、確認をしたく質問させて頂く次第です。 連帯保証人のついているスポットの手形貸付の期限更新(手形書換)においても、新規実行時に連帯保証人から徴求している特定保証約定書は、新しい期限をうたった上で、連帯保証人から、再度徴求するべきとの認識を持っております。
お住まいの地域を選択してください
関東
東京
神奈川
埼玉
千葉
茨城
群馬
栃木
関西
大阪
兵庫
京都
滋賀
奈良
和歌山
東海
愛知
岐阜
静岡
三重
北海道・東北
北海道
青森
岩手
宮城
秋田
山形
福島
北陸・甲信越
山梨
新潟
長野
富山
石川
福井
中国・四国
鳥取
島根
岡山
広島
山口
徳島
香川
愛媛
高知
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
熊本
大分
宮崎
鹿児島
沖縄
企業法務弁護士に相談する
  • 東京
  • 大阪
  • 愛知
  • 神奈川
  • 福岡
  • その他
ベンチャーラボ法律事務所
東京都港区南青山2-22-17センテニアル青山5階
【面談予約はメールにて受付中】ご予約方法は詳細をご覧ください
エクシード法律事務所
東京都紀尾井町3-33プリンス通ビル5B
相続のお悩みに幅広く対応します。ぜひお気軽にご相談ください。
佐久間 篤夫
東京都千代田区九段南3-9-1九段サザンビル2階
【初回相談1時間無料】事業活動における紛争やトラブルの原因を分析し、紛争やトラブル回避のため普段から講じるべき対策をアドバイスしています。紛争やトラブル発生時には迅速かつ効果的な対応でサポートします。
法律事務所おかげさま
東京都西新宿8-9-14ベイベリー202
介護・福祉系のトラブルに関するご相談は当事務所にお任せください。 介護施設に関する労務管理及びトラブル解決実績が多数ございます。
東京都の弁護士一覧はこちら
地域から弁護士を探す
法律相談を投稿する
離婚・不倫問題 交通事故 相続・遺産トラブル 労働問題 刑事事件 債権回収 借金減額・債務整理 ネット誹謗中傷 企業法務 その他
弁護士の方はこちら