近くの弁護士・法律事務所を探せる検索サイト

相続対策及び実母の生活環境の安定

実家の母の生活を脅かしに息子が居宅に押しかけている状況があります。
相続対策をこれから組む必要があり、法的な対応を検討しなければならない。
信託銀行に相談したところ、弁護士に相談することを勧められています。
理想の解決
相続税対策と実家の母が安心して生活できる環境を整備したい
質問
民事信託を検討していますが、土地・建物に関して契約関係をまとめてほしい。
相談者(ID:49312)さん

弁護士の回答一覧

Balloon lawyers answer
相続対策として家族信託を組成する場合も確かにあり得ますが、それによって「生活を脅かしに押しかけてくる状況」を解決できるかは問題です
現状の課題と対応策が一致するか、あるいは適切な他の手段がないか、といった点について、具体的にご相談されることをおすすめいたします。
会員登録をすると回答の続きが読めるようになります。
会員限定弁護士回答の続きを読む
会員登録者しか読めていないコンテンツ。会員登録者しか読めていないコンテンツ。会員登録者しか読めていないコンテンツ。会員登録者しか読めていないコンテンツ。
役に立った
0
回答した事務所の紹介
弁護士 大石 誠(横浜平和法律事務所)
神奈川県横浜市中区日本大通17JPR横浜日本大通ビル10階
来所不要
LINE相談可能
初回の面談相談無料
休日の相談可能
相続発生前の相談可
相続税の相談対応
事業承継の相談対応
オンライン面談可能
事務所の詳細を見る
Balloon lawyers answer
確認ですが、「実家の母の生活を脅かしに息子が居宅に押しかけている状況があります。」という点、ご相談者様の兄か弟が押しかけているのでしょうか。
つまり、兄弟不和ということですか?
また、「信託銀行に相談したところ、弁護士に相談することを勧められています。」という点は、それでよいのですが、それを踏まえて「民事信託を検討していますが、土地・建物に関して契約関係をまとめてほしい。」ということでしたら、信託銀行は何もしないということでしょうか。
上記の感じだと、仮に信託銀行になにか頼んでも、高い費用を無駄に支払うだけで、意味が無いのかなと思います。一部金融機関は、およそ無意味な遺言書の作成費用だけで数百万円を受領するケースもあるようですから、本件がそうであるかはわかりかねますが、一応注意喚起として、この点はお気を付けください。
加えて、もし、押し掛けてくる人がいるなどの点が問題となるのであれば、成年後見や高齢者の環境整備に詳しいお近くの弁護士に相談することが望ましいと思います。
前提事実や現状が不明ですので、お問い合わせ事項自体に対する回答ができずに申し訳ありませんが、ぜひ、お母様のためにも、お近くの弁護士事務所にてご相談なさってください。
会員登録をすると回答の続きが読めるようになります。
会員限定弁護士回答の続きを読む
会員登録者しか読めていないコンテンツ。会員登録者しか読めていないコンテンツ。会員登録者しか読めていないコンテンツ。会員登録者しか読めていないコンテンツ。
役に立った
0
回答した事務所の紹介
【相続放棄をお考えの方へ】ののいち法律事務所
石川県野々市市本町5-11-17MKKビル203
電話相談可能
LINE相談可能
休日の相談可能
相続発生前の相談可
相続税の相談対応
事業承継の相談対応
オンライン面談可能
事務所の詳細を見る
弁護士に質問をしたい方はコチラ
【無料】質問を投稿する

相続問題に関するその他の質問を見る

フリーワードで探す

この質問に関連する法律相談

投稿順
役立った順
関連順

お金がなくこまってます

息子に、今年中に家を出ていって欲しいと 言われました。 出ていくにあたり,諸費とか請求できるのでしょうか?

相続対策及び実母の生活環境の安定

実家の母の生活を脅かしに息子が居宅に押しかけている状況があります。 相続対策をこれから組む必要があり、法的な対応を検討しなければならない。 信託銀行に相談したところ、弁護士に相談することを勧められています。

兄夫婦との和解を望んでいる。

父が亡くなり私が第二受益者、会社経営者の兄が受託者です。二度兄夫婦から嫌がらせで受益をストップされそれぞれ二回弁護士さんに依頼しています。二回目の時名義の件で兄嫁から言いがかりをつけられ、私としては会社の一社員、法定相続人ではないのに父がなくなってからしゃしゃりでてくる兄嫁に辟易しておりましたし、心身の状態も良くなくまたあまり問題視もしておりませんでしたら手紙の内容がエスカレートしてきたかのように感じ苦痛でした。なんとか兄夫婦に反省を促す方法はありませんか?

家族信託契約について

家族信託契約について相談いたします。 2021年に現在94歳になる母の財産を家族信託契約で管理することになりました。 1.委託者は母。要介護。痴呆症ではありませんが、高齢のため現状の理解や意思確認は難しい状況です。 2.受託者は姉。65歳、無職、同居、家計費は出しておらず、分別管理状況は不明。 3.信託監督人は3名。妹の私と行政書士のご夫婦2名(姉の知人) 契約時は多少の不安もあり、契約後の見直しのために別紙覚書の追加を行政書士に依頼し作成しましたが、契約書上には受託者の解任、変更、修正、信託監督人の権限についての記載はありません。母は姉妹で上手く運用することを望んでいます。介護が必要な母にとって今は不都合のない生活ですが、信託財産の管理運用まで把握できる年齢ではありません。現在管理上の問題が発生し契約の変更・修正、共同受託者を提案しましたか、受託者の権限が強く同等の立場での話し合いができません。信託監督人の権限も曖昧で、帳簿の提出や質問に応じない場合の対処方法もわかりません。

家族信託契約のトラブル

委託者受益者が父、受託者が弟の家族信託契約書の下書き内容について *信託法第56条第1項の事由が生じた場合の後継受託者を弟(長男)の妻→→→姉の自分(長女)へ。 *帳簿の作成・報告・保存義務で姉の自分への報告を一年間に一度→→→半年に一度、及びひと月に200万円以上の支出があった際へ。 と変更を打診したら2点とも却下な上、論点も合わず罵られるなど話し合いにならない。 弟夫婦は、自分たちは両親と同じ○○家の人間で姉は他家へ嫁いでいるのだから口を出すな。自分たちからの報告義務は無いと思っている、と主張。 約2年前に弟夫婦が実家の近く(徒歩圏)へ引っ越してくるまでは姉の自分(車で片道1時間)がほぼ1人で両親のサポートをしていた。それまでは姉、弟間のコミュニケーションは普通に出来ていたが、引っ越し後両親の介護について弟がイニシアチブを取り弟の妻が関わる事によって段々と拗れ現在は険悪に。 両親は一年前に揃って施設へ入居。その後、実家の売却なども弟夫婦からの説明はほぼ無かった状態。

家族信託、詐欺師撃退

伯父の遺産を相続した母(79歳)の元に、財産目当ての男(75歳)が住みつき2000万越え(単純計算推測)貢がされています。他、同じ手口で500万越え使わされた女性(72歳)にも話が聞けました。前科もあるようです。警察にも相談記録を残していただきました。 500万の借用書はあるので、その他の金額も探り出し、公正証書を作成したいです。

母親の所在を知りたい

認知症の症状がひどくなり、一人暮らしが難しくなった母親が施設に入所しました。施設の費用が高い事に不安に感じた姉が、半ば強制的に、姉の住む地域の施設に移動させてしまいました。その後、姉から相談もなく、その施設からも移動させられたようです。姉は、私の電話にも応じてくれず、元いた施設や管轄の地域包括支援センターに問い合わせしても、個人情報の観点から教えていただけません。姉とは、関係が良くありません。元の施設にいた時は、携帯電気を所持していたのですが、今は、携帯電話も解約されてしまったようで、声を聞く事もできません。母親の所在を知りたいです。

家族信託の要不要を教えてください

父85歳が事業用定期借地権の土地を3人で共同所有しています。高齢のため3年後の契約の際の父の状態が心配です(認知症など)。売却の予定もないですし、持分も半分以下なので、契約はその他の共同所有者にお任せして、父はサイン程度で大丈夫と聞いています。公証人役場での契約となります。 その他の共同所有者は、二人ともまだ60代でしっかりとしていらっしゃいます。

50代の海外在住の子供が70代の母の家族信託をできますか?

50代の海外在住の子供が(海外に移民済み)、日本に1人で住んでいる、物忘れがひどくなってきたがまだ認知症とは診断されていない、70代の母の家族信託をできますか?もう一人、母には、首都圏に住んでいる子供が居ますが、この50代の子と母は訳あって絶縁しています。 よろしくお願いいたします。

50代の海外在住の子供が70代の母の家族信託をできますか?

50代の海外在住の子供が(海外に移民済み)、日本に1人で住んでいる、物忘れがひどくなってきたがまだ認知症とは診断されていない、70代の母の家族信託をできますか?もう一人、母には、首都圏に住んでいる子供が居ますが、この50代の子と母は訳あって絶縁しています。 よろしくお願いいたします。

家族信託の要不要を教えてください

父85歳が事業用定期借地権の土地を3人で共同所有しています。高齢のため3年後の契約の際の父の状態が心配です(認知症など)。売却の予定もないですし、持分も半分以下なので、契約はその他の共同所有者にお任せして、父はサイン程度で大丈夫と聞いています。公証人役場での契約となります。 その他の共同所有者は、二人ともまだ60代でしっかりとしていらっしゃいます。

母親の所在を知りたい

認知症の症状がひどくなり、一人暮らしが難しくなった母親が施設に入所しました。施設の費用が高い事に不安に感じた姉が、半ば強制的に、姉の住む地域の施設に移動させてしまいました。その後、姉から相談もなく、その施設からも移動させられたようです。姉は、私の電話にも応じてくれず、元いた施設や管轄の地域包括支援センターに問い合わせしても、個人情報の観点から教えていただけません。姉とは、関係が良くありません。元の施設にいた時は、携帯電気を所持していたのですが、今は、携帯電話も解約されてしまったようで、声を聞く事もできません。母親の所在を知りたいです。

家族信託、詐欺師撃退

伯父の遺産を相続した母(79歳)の元に、財産目当ての男(75歳)が住みつき2000万越え(単純計算推測)貢がされています。他、同じ手口で500万越え使わされた女性(72歳)にも話が聞けました。前科もあるようです。警察にも相談記録を残していただきました。 500万の借用書はあるので、その他の金額も探り出し、公正証書を作成したいです。

家族信託契約のトラブル

委託者受益者が父、受託者が弟の家族信託契約書の下書き内容について *信託法第56条第1項の事由が生じた場合の後継受託者を弟(長男)の妻→→→姉の自分(長女)へ。 *帳簿の作成・報告・保存義務で姉の自分への報告を一年間に一度→→→半年に一度、及びひと月に200万円以上の支出があった際へ。 と変更を打診したら2点とも却下な上、論点も合わず罵られるなど話し合いにならない。 弟夫婦は、自分たちは両親と同じ○○家の人間で姉は他家へ嫁いでいるのだから口を出すな。自分たちからの報告義務は無いと思っている、と主張。 約2年前に弟夫婦が実家の近く(徒歩圏)へ引っ越してくるまでは姉の自分(車で片道1時間)がほぼ1人で両親のサポートをしていた。それまでは姉、弟間のコミュニケーションは普通に出来ていたが、引っ越し後両親の介護について弟がイニシアチブを取り弟の妻が関わる事によって段々と拗れ現在は険悪に。 両親は一年前に揃って施設へ入居。その後、実家の売却なども弟夫婦からの説明はほぼ無かった状態。

家族信託契約について

家族信託契約について相談いたします。 2021年に現在94歳になる母の財産を家族信託契約で管理することになりました。 1.委託者は母。要介護。痴呆症ではありませんが、高齢のため現状の理解や意思確認は難しい状況です。 2.受託者は姉。65歳、無職、同居、家計費は出しておらず、分別管理状況は不明。 3.信託監督人は3名。妹の私と行政書士のご夫婦2名(姉の知人) 契約時は多少の不安もあり、契約後の見直しのために別紙覚書の追加を行政書士に依頼し作成しましたが、契約書上には受託者の解任、変更、修正、信託監督人の権限についての記載はありません。母は姉妹で上手く運用することを望んでいます。介護が必要な母にとって今は不都合のない生活ですが、信託財産の管理運用まで把握できる年齢ではありません。現在管理上の問題が発生し契約の変更・修正、共同受託者を提案しましたか、受託者の権限が強く同等の立場での話し合いができません。信託監督人の権限も曖昧で、帳簿の提出や質問に応じない場合の対処方法もわかりません。

兄夫婦との和解を望んでいる。

父が亡くなり私が第二受益者、会社経営者の兄が受託者です。二度兄夫婦から嫌がらせで受益をストップされそれぞれ二回弁護士さんに依頼しています。二回目の時名義の件で兄嫁から言いがかりをつけられ、私としては会社の一社員、法定相続人ではないのに父がなくなってからしゃしゃりでてくる兄嫁に辟易しておりましたし、心身の状態も良くなくまたあまり問題視もしておりませんでしたら手紙の内容がエスカレートしてきたかのように感じ苦痛でした。なんとか兄夫婦に反省を促す方法はありませんか?

相続対策及び実母の生活環境の安定

実家の母の生活を脅かしに息子が居宅に押しかけている状況があります。 相続対策をこれから組む必要があり、法的な対応を検討しなければならない。 信託銀行に相談したところ、弁護士に相談することを勧められています。

お金がなくこまってます

息子に、今年中に家を出ていって欲しいと 言われました。 出ていくにあたり,諸費とか請求できるのでしょうか?

相続対策及び実母の生活環境の安定

実家の母の生活を脅かしに息子が居宅に押しかけている状況があります。 相続対策をこれから組む必要があり、法的な対応を検討しなければならない。 信託銀行に相談したところ、弁護士に相談することを勧められています。

家族信託、詐欺師撃退

伯父の遺産を相続した母(79歳)の元に、財産目当ての男(75歳)が住みつき2000万越え(単純計算推測)貢がされています。他、同じ手口で500万越え使わされた女性(72歳)にも話が聞けました。前科もあるようです。警察にも相談記録を残していただきました。 500万の借用書はあるので、その他の金額も探り出し、公正証書を作成したいです。

家族信託の要不要を教えてください

父85歳が事業用定期借地権の土地を3人で共同所有しています。高齢のため3年後の契約の際の父の状態が心配です(認知症など)。売却の予定もないですし、持分も半分以下なので、契約はその他の共同所有者にお任せして、父はサイン程度で大丈夫と聞いています。公証人役場での契約となります。 その他の共同所有者は、二人ともまだ60代でしっかりとしていらっしゃいます。

お金がなくこまってます

息子に、今年中に家を出ていって欲しいと 言われました。 出ていくにあたり,諸費とか請求できるのでしょうか?

兄夫婦との和解を望んでいる。

父が亡くなり私が第二受益者、会社経営者の兄が受託者です。二度兄夫婦から嫌がらせで受益をストップされそれぞれ二回弁護士さんに依頼しています。二回目の時名義の件で兄嫁から言いがかりをつけられ、私としては会社の一社員、法定相続人ではないのに父がなくなってからしゃしゃりでてくる兄嫁に辟易しておりましたし、心身の状態も良くなくまたあまり問題視もしておりませんでしたら手紙の内容がエスカレートしてきたかのように感じ苦痛でした。なんとか兄夫婦に反省を促す方法はありませんか?

家族信託契約について

家族信託契約について相談いたします。 2021年に現在94歳になる母の財産を家族信託契約で管理することになりました。 1.委託者は母。要介護。痴呆症ではありませんが、高齢のため現状の理解や意思確認は難しい状況です。 2.受託者は姉。65歳、無職、同居、家計費は出しておらず、分別管理状況は不明。 3.信託監督人は3名。妹の私と行政書士のご夫婦2名(姉の知人) 契約時は多少の不安もあり、契約後の見直しのために別紙覚書の追加を行政書士に依頼し作成しましたが、契約書上には受託者の解任、変更、修正、信託監督人の権限についての記載はありません。母は姉妹で上手く運用することを望んでいます。介護が必要な母にとって今は不都合のない生活ですが、信託財産の管理運用まで把握できる年齢ではありません。現在管理上の問題が発生し契約の変更・修正、共同受託者を提案しましたか、受託者の権限が強く同等の立場での話し合いができません。信託監督人の権限も曖昧で、帳簿の提出や質問に応じない場合の対処方法もわかりません。

家族信託契約のトラブル

委託者受益者が父、受託者が弟の家族信託契約書の下書き内容について *信託法第56条第1項の事由が生じた場合の後継受託者を弟(長男)の妻→→→姉の自分(長女)へ。 *帳簿の作成・報告・保存義務で姉の自分への報告を一年間に一度→→→半年に一度、及びひと月に200万円以上の支出があった際へ。 と変更を打診したら2点とも却下な上、論点も合わず罵られるなど話し合いにならない。 弟夫婦は、自分たちは両親と同じ○○家の人間で姉は他家へ嫁いでいるのだから口を出すな。自分たちからの報告義務は無いと思っている、と主張。 約2年前に弟夫婦が実家の近く(徒歩圏)へ引っ越してくるまでは姉の自分(車で片道1時間)がほぼ1人で両親のサポートをしていた。それまでは姉、弟間のコミュニケーションは普通に出来ていたが、引っ越し後両親の介護について弟がイニシアチブを取り弟の妻が関わる事によって段々と拗れ現在は険悪に。 両親は一年前に揃って施設へ入居。その後、実家の売却なども弟夫婦からの説明はほぼ無かった状態。

母親の所在を知りたい

認知症の症状がひどくなり、一人暮らしが難しくなった母親が施設に入所しました。施設の費用が高い事に不安に感じた姉が、半ば強制的に、姉の住む地域の施設に移動させてしまいました。その後、姉から相談もなく、その施設からも移動させられたようです。姉は、私の電話にも応じてくれず、元いた施設や管轄の地域包括支援センターに問い合わせしても、個人情報の観点から教えていただけません。姉とは、関係が良くありません。元の施設にいた時は、携帯電気を所持していたのですが、今は、携帯電話も解約されてしまったようで、声を聞く事もできません。母親の所在を知りたいです。

50代の海外在住の子供が70代の母の家族信託をできますか?

50代の海外在住の子供が(海外に移民済み)、日本に1人で住んでいる、物忘れがひどくなってきたがまだ認知症とは診断されていない、70代の母の家族信託をできますか?もう一人、母には、首都圏に住んでいる子供が居ますが、この50代の子と母は訳あって絶縁しています。 よろしくお願いいたします。
もっと表示する
お住まいの地域を選択してください
関東
東京
神奈川
埼玉
千葉
茨城
群馬
栃木
関西
大阪
兵庫
京都
滋賀
奈良
和歌山
東海
愛知
岐阜
静岡
三重
北海道・東北
北海道
青森
岩手
宮城
秋田
山形
福島
北陸・甲信越
山梨
新潟
長野
富山
石川
福井
中国・四国
鳥取
島根
岡山
広島
山口
徳島
香川
愛媛
高知
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
熊本
大分
宮崎
鹿児島
沖縄
相続弁護士に相談する
  • 東京
  • 大阪
  • 愛知
  • 神奈川
  • 福岡
  • その他
東京新生法律事務所
東京都日本橋人形町1-6-2安井ビル4階
【2回目まで相談無料】 まずはお気軽にご連絡ください
紺野秋田法律事務所
東京都九段北4-1-5市ヶ谷法曹ビル303
【経歴30年以上/豊富な知識と経験であなたに優位な解決へ】親族間でもめている案件や遺留分請求など、他の事務所では対応が難しいと言われた案件もお気軽に相談ください。解決へと導く自信があります。
新麹町法律事務所
東京都麹町3-7-4秩父屋ビル5F
【夜間や休日も柔軟に対応】【オンライン相談対応】【民事信託・成年後見制度も対応可】
銀座第一法律事務所 弁護士 大谷郁夫
東京都有楽町2丁目10番1号東京交通会館11階
【キャリア約30年】【不動産の絡む相続も得意】《話し合いや調停が進まず困っている方》豊富な経験で培った知識・交渉力・情報収集力を活かし、納得のいく解決へと導きます。まずはお気軽に相談ください。
東京都の弁護士一覧はこちら
地域から弁護士を探す
法律相談を投稿する
離婚・不倫問題 交通事故 相続・遺産トラブル 労働問題 刑事事件 債権回収 借金減額・債務整理 ネット誹謗中傷 企業法務 その他
弁護士の方はこちら