近くの弁護士・法律事務所を探せる検索サイト

義理の父がなくなり、妻が相続人となった。
負債状況を確認したところ、車のローンの保証人になっていることがわかった。
調査したところ、契約は廃業した家業の会社名義で、自分が保証人になった形である。
約100万ほどは支払っていたが、残り130万ほどが未払いになっている。
恐らく、10年くらいは支払いを停止している感じであるが、督促状や裁判所からの差し押さえなどが来ているのかわからない。
対象の車は、故人は所有していないが、車検証の使用者が故人になっていると思われるので、今期も自動車税の葉書が来ている。
廃車になっている訳ではなく、現在誰かが使用していると思われる。
理想の解決
借金の時効援用をしたい。
質問
相続するにあたり、現物のないローンの支払いはしたくないので、時効援用の対象になるなら、時効にしたい。
相談者(ID:49289)さん

弁護士の回答一覧

Balloon lawyers answer
ご質問の記載の「所有」や「使用」や「自分が」という言葉が、どういった意味で使用されているか、少しわからない点があるので、もしかすると少しずれた回答になるかもしれませんが、ご了承ください。

整理すると、
主債務者=廃業済みの会社
保証人=上記会社の代表者であった故人
だと思います。
また、10年以上債務としては支払いはされておらず、主債務者及び保証人のいずれを見ても、そのように見える。
ということでしょうか。

これを前提とすると、時効援用は可能だと思います。
ローン会社に取引履歴の開示を求めてみてはいかがでしょうか。
この際に、相続放棄の期間中だと思いますが、放棄の検討のためとか理由を言って、相続するので払いますよというニュアンスにならないように注意してください。不安なら弁護士に任せることが望ましいです。

また、ご質問の点そのものではないですが、かなり異常な事情として、当該車はいまどこで誰か乗っているかわからないということですね。むしろこの点は大丈夫だとお考えでしょうか。
車検証もない使用者も別の車を誰かが乗っていて、それが無保険車だった場合、死亡事故等になれば、運転者だけではなく車の所有者に責任が来る可能性があります。
これをこのまま放置することはかなりのリスクだと思いますが、この点ご検討をいただいた方が良いのではないでしょうか。
老婆心ながら、ご質問以外のアドバイスとなります。
会員登録をすると回答の続きが読めるようになります。
会員限定弁護士回答の続きを読む
会員登録者しか読めていないコンテンツ。会員登録者しか読めていないコンテンツ。会員登録者しか読めていないコンテンツ。会員登録者しか読めていないコンテンツ。
役に立った
0
回答した事務所の紹介
【相続放棄をお考えの方へ】ののいち法律事務所
石川県野々市市本町5-11-17MKKビル203
電話相談可能
LINE相談可能
休日の相談可能
相続発生前の相談可
相続税の相談対応
事業承継の相談対応
オンライン面談可能
事務所の詳細を見る
弁護士に質問をしたい方はコチラ
【無料】質問を投稿する

相続問題に関するその他の質問を見る

フリーワードで探す

この質問に関連する法律相談

投稿順
役立った順
関連順

父の休眠中にしている会社の負債の支払い義務があるか

父が株式会社を経営していた。 父の話では廃業したとのことだった。 会社宛の、自動車税の通知が来ていた為、法務局の確認したところ、廃業ではなく休眠の状態である事が判明した。 父個人の遺産は相続をするつもりでいたが、経営していた会社に借金が残っているかもしれないと不安になった。 会社を相続するつもりもなく、廃業手続きなどを改めて行う予定もない。 遺産の相続と株式会社の相続は別物と考えていて、会社の名義を自分にしなければ、会社の借金は自分には関係ない物なのか? すでに、15年前から事業の実態はなく、会社の重機、土地などは売却している状態である

故人の借金の未払いの時効

義理の父がなくなり、妻が相続人となった。 負債状況を確認したところ、車のローンの保証人になっていることがわかった。 調査したところ、契約は廃業した家業の会社名義で、自分が保証人になった形である。 約100万ほどは支払っていたが、残り130万ほどが未払いになっている。 恐らく、10年くらいは支払いを停止している感じであるが、督促状や裁判所からの差し押さえなどが来ているのかわからない。 対象の車は、故人は所有していないが、車検証の使用者が故人になっていると思われるので、今期も自動車税の葉書が来ている。 廃車になっている訳ではなく、現在誰かが使用していると思われる。

公正証書以上に、支払った金額の返金について。

公正証書の慰謝料、財産分与で、各1千万計2千万支払っいました。後日、思い出して数年前に850万脅されて支払いました。その余分の850万返金可能かお聞きしたいです。

15年親と会わなかった姉に、葬儀費用は遺産からではなく私の保険金から負担しろと言われ困っている

3月に母が他界し、長女にお願いされて喪主をつとめました。15年程1度も実家に帰省せず、全て親の面倒を次女の私がみていました。他界する直前には最後まで面倒を見たら相続するのは妹の私の権利だと言っていたのに、いざ相続となった時にこんなに早く死ぬとは思ってなかったから無理と言われ、挙句の果てには、保険金から葬儀代やお墓の費用を出してもらうと母が言っていたからと、全て私に費用負担させようとします。半分の権利は主張しても良いですが、保険金から私が払うべきだと生前母は私には言っておらず、むしろ介護してくれたんだから当然の権利として受け取ってと言ってくれていました。聞く耳を持たない姉との交渉をどの様にしたら良いか途方に暮れています。

元カレにお金貸してて返す意思はあるものの返してくれない

先月15日に彼とお付き合いしてましたが、携帯代払ってないから払って欲しいって言われて35000払ってます。 でなんか過去裁判なりかけて、それでそれ払わな捕まるとか言われて、60000貸してます 携帯代払ったんが4月16で 4月19日に20000 20日に10000 25日に10000 29日に10000 5月2日に10000 貸してます また元カレ次に付き合った彼氏が弁護士やったから、連絡してもらってましたがその彼氏とも別れた為、お金貸してた彼氏からまだ帰ってきてません。

相続の減額は可能でしょうか

昨年5月に母親が他界し長男の私と長女の姉(既婚別姓別居)に相続権が発生しました。20年前に父親が他界した際は二人とも相続を放棄し母親が土地の名義人となり、母は私の家族と同居しておりましたが、15年前に同じ敷地内に私たちの新居を建てました。その頃は母は1人ですべての家事をこなしていましたが7年前から歩行が困難になり育児中の私の長女が食事と家事を手伝っていました。長女が不在の時は私たち夫婦と次女・三女が手伝っていました。娘たちも別居するようになり、なかなか私たち夫婦では面倒見切れなくなったので施設に入居させることにしました。姉は自宅へは月2~3回様子を見にきてはいましたがお弁当の差し入れ程度でした。 母が亡くなり司法書士に相続(貯蓄は約40万、生命保険100万は葬式で使用、土地のみの内容)放棄の書面を作成し捺印をお願いしたが捺印もらえず、先日の三回忌の法要の際、土地評価額1,600万円の50%の財産分与を請求された。

お忙しい中でもお引け受け下さい。

8月で77歳に成りますので、御連絡を早くお願いで、且つ相続をなるべく早く済ませたいです。弟に直接対面で取り立てなさって、駄目なら訴訟をお願い致します。訴訟もなるべく早く決めたいです。2千万円なら出すと言ってるようです。私は、3千万から5千万円が取り立てたいです。

遺産及び財産相続についての疑問点

父親が2018年10月1日に亡くなりました。 その葬式の際に、弟から父親の預金残高が500万円程だったので、兄である私には多めに300万円を分けるとの事であったので、それを了承し、後日、弟側の行政書士からの指示で財産分与の税金15万円前後を税務署に納付しました。 しかし、良く考えると、実家の土地や家屋等はかなり以前(おそらく20年以上前)に、父親所有から弟名義になっているのです。 また、生前、父親が住んでいた建物(隠居用)及び土地等に関しては、亡くなってからの名義変更だと思われますが、何の通知もありませんでした。 今のままでは、弟と私の相続した物の差が歴然としています。

孤独死の後始末は誰がするのか

 子、親、兄弟もいない一人っ子の甥が亡くなって警察からの連絡で後処理をしているのですが、聞くところによりますと、叔父、叔母には相続権はなく、最終的に国のものになると聞きました。  それはいいとして葬儀費用(既支払い積み)とかこれから納骨やお墓の管理料(もう請求がこちらの方にお寺から言ってきている)等これからも法事などでかかってくる費用は誰が負担するものなのか、遺品整理した時1億近い金額が記入された預金通帳、土地建物の権利書等色々出てきました。 一市民としてはそれらが国のものになるのは容認するとしてこれからの出費に対して何の手当もないのかが疑問なので相談しました。  お忙しいとは思いますが何卒宜しくお願い致します。 役所でどこの窓口で相談したら良いか尋ねたところ何ヵ所かたらい回しされて、結局「法テラス」を紹介されました。

母の姉弟間の遺産分与を片付けるとともに、叔母の住む家を確保したい

10年前祖母(α)が他界し土地(T。約45坪・大垣駅約2km)と現金・保険(額不明)を残す。 これら遺産分与されず現在に。 αの子は3人(長女A:私の母,次女B:72歳-現在αの住んだ家に居住,長男C:60歳) 母(A-74歳)は、当時"遺産放棄"と妹弟に口頭伝達。α居住の家は築35年でC名義。 B夫の借金が判明。額不明。B夫は大垣市内にB夫父からの土地を持つが、売却予定で売れてない。ガンで余命宣告。 Bの生活費は余裕なし。Cも生活費に余裕なし。Cは税滞納でAから¥40万借金(借用書無)。 Bは、土地Tの相当額をCに支払ってBが全て所有すると口頭約束した様子。 これらすべて未実施。 Cの経済状況から、BからT相続差分額をもらって経済余裕が欲しいと推測。 Bは、Cに支払う資金なく,αの家に同居するB夫がもと土地の売却代金をあてにしてた。ただ、B夫の借金が発覚し見込み薄。土地TのB相続分を受け取っても,B夫の借金返済になる恐れすら。 AはA夫から一昨年遺産相続したマンションと同程度の現金あり若干余裕あり

相続争いから家を守るには?

父が亡くなり、ローンが残った自宅とアパートがあります。売却すればローンは支払いできます。私は父と同居していました。相続人は私と妹2人の3人です。小規模住宅の特例などを使い相続税は100万程度ですが、妹は全部売却で売却益を私40%妹2人30%と言っています。私は夫と2人で自宅を売却し、父と同居しました。なんとか自宅だけでも守れないでしょうか? 自宅  315.81㎡ アパート1 211.82 アパート2 153.95 だいたい、93.098.846相続税評価額 ローン残高  62.000.000 このままでは、住むところがありません。 同居期間は13年です。

遺産分配拒否をされた場合どうしたらよい?

母が亡くなり弟が母の預貯金を弟の通帳にまとめる作業を行いました。 遺産分配率に関しては、相談して決めているのですが。 この場合、弟が分配拒否をした場合、どのような方法がありますでしょうか? 態度が気になっており、分配しないのでは?と考えております。

相続財産になるか知りたい

先月父が亡くなり弟が、生前父にお金を借りていて返済しておらず13年経ちました。900万円なのですが、相続財産に含まれるのですか?

相続放棄したくない。

幼い時に離婚した父が亡くなり、義弟から連絡が来ました。相続の件で、1度合い会いましたが、放棄を求められ、その報酬金額も、はっきりとは、言わない、土地(持ち家)のみ、義母に残したいらしい。 私としては、自分の相続の金額相当は、欲しいです。相手には、破棄しないと言いました。その後、どうしたらいい良いかと言われました。 相手になんと言ったらいいか、分かりません。今後の事、教えて頂きたいです。

遺体を引き取った場合相続権は発生するのか

2022年10月12日に従兄弟叔父が 自宅アパートにて孤独死致しました。 警察より私の母へ連絡が来て 母が遺体を引き取る事になりました。 (年に一度会うかどうかの関係) 警察によりますと 従兄弟叔父のお母様・妹様はご存命で お母様は 認知症で施設に入り、会話も難しい。 妹様は 幼い頃に両親が離婚して 大人になって1度しか会ってないので 関わりたくない。 遺体を引き取った私の母とも連絡を取りたくない。 と言った状況です。 大家さんより ・10月分の家賃の支払い ・部屋の片付け ・公共料金の支払い 等を依頼され 10月分の家賃を支払ってきてしまったのですが 保証人でもない 私の母(亡くなった人からみて従兄弟)が部屋の片付け等をする必要があるのでしょうか? 遺産は相続する気もないですし、遺言書もありません。 遺体を引き取った場合 なにかしなければいけない義務は発生するのでしょうか?

死亡保険金受取の可否について。

去年11月に父が他界。母とは離婚したので法定相続人は私(長男)と妹の2人のみです。 父は保険会社に勤めていたので父の会社の生命保険に加入していましたが受取人が私でも妹でもない第三者(恐らく父の交際相手)になっていたのです。 しかし遺言書(検認済み)には死亡退職金とそれ以外全ての財産を私が相続すると書かれていました。 生命保険という文言はありませんでした。 ごく一部でもよいので死亡保険金を受け取れる可能性は少しでもあるでしょうか? 受け取れるためにすべき事をご教示いただきますようお願いいたします。 また、父の会社は受取人の名前を教えてくれないので弁護士を雇うべきでしょうか? ちなみに死亡保険金は約6000万程度、 死亡退職金含めた保険金以外の財産は2000〜3000万程度です。

義父母の年金の額や生活費が不透明で遺産の詳細がわからない。義妹たちが教えてくれない。

2020の5〜6月頃義両親と居候の義妹たちから実家の改築をしたいとの相談を受ける。 義実家は義両親名義でローンは返済済み。2人の義妹が改築のローンを組んで同居するとの話。 基礎・間取り・柱・段差等同じの改築と聞き 義母が転倒を繰り返している事を理由にこの改築では賛成できないと許可せず話は終了。 数ヶ月後勝手に引っ越し改築工事が始まる。 2020.12下旬に改築後の家で4人で暮らし始める。 改築内容変わっておらず転倒多い。 2023. 6.に在宅で療養していた義父が亡くなる。 8.7にローンを組む際に土地家屋の生前贈与をし義妹2人に名義変更をしている事を知り説明求めるも、納骨終わったらちゃんとするからと押し切られる。 9.1にLINEで相続等の説明を求めたところ、納骨終わったばかりでそんな余裕ないと責められその後既読無視。

相続トラブルでのラインメールは立証されますか?

2年前に親の相続が終わりましたが、相手相続人へ代償金を払っていません。それは遺産分割協議書では払うことになっているのですが、相手から「払わなくてもいい」とメールが来ました。 それで私は申告が終わったのでメールをブロックしました。その後、1年後ぐらいに相手弁護士を通して代償金を払うよう督促通知書が届きました。そして私は相手弁護士へ事実関係を知ってもらうためにラインメール履歴をプリントして送っています。その後は2ヶ月返答がありません。 私の1番の疑問点は、相手弁護士の受け方、次第ではラインメールは認められない事もあるのでしょうか?

特別受益について聞きたい

3年前に義母がなくなり夫と弟が相続人ですが、夫は、18年前に亡くなっており、息子が代襲相続人になりました。弟から、夫の借入金や借金肩代わりが特別受益になると言われ、話し合いができない状態です。借入金や借金の肩かわりは、特別受益になるのですか。その事実は知らされていませんでしたのでどうしていいかわかりません。金額は借入金が1000万、肩代わりが3000万くらいです。

弟が親の預金通帳を取り上げ預金を使い込んでいる取り戻す方法はありますか?

父は10年以上前に亡くなり、母は健在です。ですから正式には相続問題ではないです。弟とお金の事でのトラブルです。弟は12~13年前に勤務していた会社を退職してそれ以降無職の状態です。5年位前に突然母から電話があり「弟に金庫の預金通帳を全部もっていかれた。言っても返してくれない。」とのこと。弟は12~13年働いていないので、お金が底をついていて、母の預貯金など財産を使い込んでいるのは間違いありません。このままだと母が亡くなった時に相続する財産がないと言うことになるかもしれません。なんとか取り戻す方法はないでしょうか。

父の休眠中にしている会社の負債の支払い義務があるか

父が株式会社を経営していた。 父の話では廃業したとのことだった。 会社宛の、自動車税の通知が来ていた為、法務局の確認したところ、廃業ではなく休眠の状態である事が判明した。 父個人の遺産は相続をするつもりでいたが、経営していた会社に借金が残っているかもしれないと不安になった。 会社を相続するつもりもなく、廃業手続きなどを改めて行う予定もない。 遺産の相続と株式会社の相続は別物と考えていて、会社の名義を自分にしなければ、会社の借金は自分には関係ない物なのか? すでに、15年前から事業の実態はなく、会社の重機、土地などは売却している状態である

故人の借金の未払いの時効

義理の父がなくなり、妻が相続人となった。 負債状況を確認したところ、車のローンの保証人になっていることがわかった。 調査したところ、契約は廃業した家業の会社名義で、自分が保証人になった形である。 約100万ほどは支払っていたが、残り130万ほどが未払いになっている。 恐らく、10年くらいは支払いを停止している感じであるが、督促状や裁判所からの差し押さえなどが来ているのかわからない。 対象の車は、故人は所有していないが、車検証の使用者が故人になっていると思われるので、今期も自動車税の葉書が来ている。 廃車になっている訳ではなく、現在誰かが使用していると思われる。

相続財産で納得いかない

先月父が亡くなり弟が、生前父にお金を借りたと言っていました。借用書がなく振り込み書が、ありましたが、相続財産にならないのですか? 証拠は、文章出ない限り借金は、無効ですか?

贈与税の支払いについて

知り合いの方から生前贈与を受けることになり 税理士に贈与税の支払いを頼んでから 振り込むと言われたがいまだに支払いがなく その方と4日くらい連絡がつかないです 贈与税は払ったと言われたが本当に支払われているのか確認したいです、

成年する子への贈与について

今0歳の子がいるのですが、その子がもらったお年玉や私からのお金を、この子の名義の口座に貯めています。この子が成年したら通帳と銀行印をプレゼントします。

相続人の相談です。

内縁関係の夫が亡くなり、亡くなった本人は親と絶縁関係で住基ロックなどもしています。 そして、私は内縁の妻なんですがその方との子供が二人います。 その内1人は認知もされておりDNAも一致してます。 あと一人の方は産まれてすぐに病気が見つかり忙しく認知の手続きが出来ないまま時間が過ぎてしまいました。 今、亡くなった本人の親が遺体を引き取るという話になっていて、自分たちは親を嫌がってたのを知っているのと子供達のために譲りたくはありません。 法律上、第1相続人は子供ということは分かっていますが、認知されてるとはいえ、内縁関係なので、その場合どうなるのかも知りたいです。 話し合いも双方譲らないという事で進みません。 その場合どうしたらいいのでしょうか。

母の自宅での永住、母が適切な介護を受ける手段。

母は自宅で1人暮らし。所有者の父は入院中で今後、介護施設に入所します。近所に住む長男が自宅を処分して母を介護施設に入所させようとしている。母は自宅での永住を希望している。 母は腎臓が悪く栄養管理が必要。ケアマネージャーが進める訪問介護(栄養管理)に長男が難色をしめし現在、訪問介護はなされていない。私としては長男への説明は後にして、先ず訪問介護を実行してもらいたいと話すがケアマネージャーからは具体的な(訪問介護するにあたりなにが障害になるのか)回答が得られていない。

共同名義の家を、ローン後に売るか譲渡して、退去するよう前妻に迫られている

新婚時に子をもうけ、共同名義で家を買ったが、その直後離婚。妻が子を養育。家の名義を書き換えないまま20年が過ぎ、その間、自分一人でローンや税金を支払っていた。数年前に別の女性と再婚。その女性との間には子供なし。 残り5年でローンを返し終えるが、前妻から連絡が頻繁に来るようになり、家を「前妻名義分現金化+子どもの生前贈与」として、75%を現金化したものを、寄越すように日々主張されている。貯金は、これまでローンや前妻の相談のたびに生活費援助などに充てており、その家自体を売ることも共同名義者である前妻の賛成を得られないことから、まとまったお金が用意できないと返事をすると、ならばローンが終わったら家を前妻と子供にすべて譲渡して、家を出ていくようにとの主張が日々強まっており、今の妻と私は精神的に疲れ果てている。

暦年贈与で贈与契約書の書き方

暦年贈与で年間110万までは贈与税がかからなく、贈与契約書を作成したほうが良いみたいですが、毎月10万を11か月渡そうと思っています。

生き別れている父親と、生きているうちにきちんとお別れしたいです。

8歳のときに両親が離婚し父が家を出ていきました。それから母と暮らしていましたが、戸籍は父の戸籍にあり、父が再婚していたのを中学生のときにたまたま戸籍から知りました。 8歳から一度も連絡もなく会ってもいませんでしたが、私が30歳になったときに父親に連絡すると、もちろん会う気もないし、今後一切連絡もないとの事でした。 一応娘なので、父が亡くなったときに連絡が来て相続の話しになると思うのですが、 父が亡くなったあとにその話をするのは嫌なので、生前に相続を放棄する話しをきちんとして、一度で良いから会って、私が傷ついた事に謝罪してもらい、きちんとお別れをしたいのですが、1人では難しいため、弁護士さんに介入していただくことを検討しています。
お住まいの地域を選択してください
関東
東京
神奈川
埼玉
千葉
茨城
群馬
栃木
関西
大阪
兵庫
京都
滋賀
奈良
和歌山
東海
愛知
岐阜
静岡
三重
北海道・東北
北海道
青森
岩手
宮城
秋田
山形
福島
北陸・甲信越
山梨
新潟
長野
富山
石川
福井
中国・四国
鳥取
島根
岡山
広島
山口
徳島
香川
愛媛
高知
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
熊本
大分
宮崎
鹿児島
沖縄
相続弁護士に相談する
  • 東京
  • 大阪
  • 愛知
  • 神奈川
  • 福岡
  • その他
東京新生法律事務所
東京都日本橋人形町1-6-2安井ビル4階
【2回目まで相談無料】 まずはお気軽にご連絡ください
紺野秋田法律事務所
東京都九段北4-1-5市ヶ谷法曹ビル303
【経歴30年以上/豊富な知識と経験であなたに優位な解決へ】親族間でもめている案件や遺留分請求など、他の事務所では対応が難しいと言われた案件もお気軽に相談ください。解決へと導く自信があります。
新麹町法律事務所
東京都麹町3-7-4秩父屋ビル5F
【夜間や休日も柔軟に対応】【オンライン相談対応】【民事信託・成年後見制度も対応可】
銀座第一法律事務所 弁護士 大谷郁夫
東京都有楽町2丁目10番1号東京交通会館11階
【キャリア約30年】【不動産の絡む相続も得意】《話し合いや調停が進まず困っている方》豊富な経験で培った知識・交渉力・情報収集力を活かし、納得のいく解決へと導きます。まずはお気軽に相談ください。
東京都の弁護士一覧はこちら
地域から弁護士を探す
法律相談を投稿する
離婚・不倫問題 交通事故 相続・遺産トラブル 労働問題 刑事事件 債権回収 借金減額・債務整理 ネット誹謗中傷 企業法務 その他
弁護士の方はこちら